« お弁当 | トップページ | 遊び »

2011年9月26日 (月)

ピアノ教室

毎週水曜日は、ゆっちゃんのピアノの日。

ゆっちゃん、この日がいつも待ち遠しくて仕方ありません。

 

一週間頑張って練習した成果を先生に見てもらえるから。

上手く出来たら、そのページに好きなシールが貼れるの。

それも、楽しみの1つのようです。

 

そして、何よりも先生が沢山褒めてくれます。

先生は、沢山褒めてくれて、更に上手く弾ける方法を教えてくれるので、ゆっちゃんは大好きです。

ちょっとピアノをかじってた私が見ても、とても良い指導をしてくださいます。

 

ゆっちゃんにとっては、きっと、それまで練習する日々の母の指導(と言いながら、ただ見てるだけ。)と比較すると、もの凄く楽しくてやりがいがあるんだろうな。

母も参考にしないとな。と思います。

 

それにしても、ピアノの日が楽しみだなんて。。。

恥ずかしいけど、小さい頃のおさぼり大好きな私とは、全然違うようです。

 

大好きだからこそ、上達も確かに早い。

4月から初めて、6ヶ月目で教本が3冊が終わろうとしています。

先日、先生が

「この曲、もしかしたら弾けるかも」

と言われ、一枚の楽譜を渡されました。

 

これが、ビックリ!!

私が4年生くらいの時に弾いた曲でした。

そりゃ、まじめな生徒じゃなかったけどさ・・・と、正直ちょっと凹みました(笑)

わが娘の力を手放しで喜ぶべき話ですが。

 

私の6年かけて付けた力をゆっちゃんは半年余りで習得した事になります。

ああ恐ろしや。

そして、まだまだ私も小さな人間だと気づきました(笑)

 

このままで行くと、ゆっちゃんと一緒に連弾しても3年くらい経てば、私が付いていけない現実が待っていそうです。

 

 

ちょっと・・・私もまじめに練習しようかな。

と今更ながら改心する母なのでした。

 

|

« お弁当 | トップページ | 遊び »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。